[買取事例] ハイエース 200系 4型 純正 フロントバンパー & モデリスタフロントリップスポイラー MODELLISTA ホワイトパールクリスタルシャン

お世話になっております。クルパーツです。

本日の買取事例は、「ハイエース 200系 4型 純正 フロントバンパー & モデリスタフロントリップスポイラー MODELLISTA ホワイトパールクリスタルシャン」のご紹介です。

人気のハイエースの純正 フロントバンパー & モデリスタフロントリップスポイラーが入荷致しました。

現行のハイエース200系は2004年8月に誕生致しました。

それから3度のマイナーチェンジを経て、現在は4型のハイエース200系が現行車として販売されています。

先代のハイエース100系は1989~2004年までと15年間新車で販売されていましたが、ハイエース200系も新車販売からすでに15年弱(2019年4月現在)経っており、いつフルモデルチェンジされてもおかしくない時期となっております。

しかし、いまだに不動の人気を誇っており、モデルチェンジは噂の範囲にとどまっております。

ハイエースの人気は、先ずはそのデザインにあると思います。

少し車高を落として、今回の商品のように少しエアロを装着するだけで、最近のミニバンなどでは味わえない格好良さがあります。

但し、何故商用車にエアロパーツ?と思われる方もいらっしゃると思います。

その理由は、職人さんが仕事車ながら、ドレスアップが楽しめて、ハイエースブランドを手に入れることによるステータスみたいな物だと思います。

私は、昔2輪のロードレースをやっておりましたが、レースで勝利を目指すこともさることながら、ハイエースに乗るという強い憧れがありました。

しかし、こんな人気のハイエースにもメーカーの深刻な悩みがあります。

それは、トヨタが一度試みて失敗したキャブオーバー型からの卒業です。

そのキャブオーバー型と対比するのがセミボンネット型となりますが、安全性を考えた場合にボンネット付きには絶対に勝つことが出来ません。

海外では、セミボンネット型のプロエースがモデルチェンジを行い話題となりましたが、ハイエースの国内の人気の高さと荷室面で不利になることなどが理由で、トヨタはモデルチェンジに踏み切れていないんだと思います。

最近、軽商用車でホンダからN-VANが発売になりましたが、造りが乗用車ベースとなっており、やはり荷室よりも安全性を優先した結果となっております。

私もハイエースのファンであり憧れも持っておりますが、ユーザー自身がキャブオーバー型から卒業することで、さらに進化したハイエースに出会えると信じております。

クルパーツは輸入車特化のパーツ買取サービス
20年以上に渡る輸入車の販売・買取の経験を活かして、専門店だから出来る高額査定を実施しています。 他社では分からない輸入車パーツの価値を、輸入車に精通したスタッフが親身に査定致します。
専門スタッフによる査定、買取依頼品送付時の送料は全て無料。まずはお気軽に無料査定フォームからご相談を。 無料査定を依頼する