[買取事例] rotiform BLQ AUDI アウディ RS4 など 245/30R20 20×10J+35 PCD112 ニットー INVO タイヤ&ホイール 4本セット チューナーサイズ

お世話になっております。クルパーツです。

本日の買取事例は、「rotiform BLQ AUDI アウディ RS4 など 245/30R20 20×10J+35 PCD112 ニットー INVO タイヤ&ホイール 4本セット チューナーサイズ」のご紹介です!

個人的に好みでツボなホイールを買取させていただきました!
個人的にと書きましたが、市場でもじわじわと確実に人気が上昇しているホイールメーカーでございます。

「rotiform」というホイールメーカーをご存知でしょうか?
アメリカから日本にやってきたこのメーカーは、
今回買取させていただいたような、少しクラシックさも感じるメッシュデザインでありながら、
新しさも感じる斬新なスタイルで、一部の層から非常に高い人気を勝ち取っています。
私もその一部の層なのかもしれません。

数年前から流行している「Hella Flush ヘラフラッシュ」というカスタム文化がございます。
「Hella=スラングで、凄い、クール!」「Flush=ツライチ」という意味でございます。

カスタムをする方なら、一度は「ツライチ」という言葉をよく耳にするかと思います。
フェンダーとホイールの面(ツラ)がキレイに一致(イチ)しているさまをツライチと呼ぶようです。
さらには、ホイールのリム部分がフェンダーと当たってしまうのではないか?
というほどギリギリにカスタムすることを「リムツラ」と呼びます。
ここまでいくと、芸術のレベルになってきます。「リムツラ」で画像検索してみてください。

昨今では、そこまで車をカスタムする車好きは日に日に減少しているように感じます。
しかし、このrotiformを好むユーザーは、まず間違いなくカスタム好きかつ「ツラ」を気にされるユーザーでしょう。

今回買取をさせていただいたお客様も、
このRS4サイズのホイールをノーマルグレードのA4に装着されていたそうです。
普通ならまず間違いなくはみ出します。
それを車高を落とし、キャンバーを切り、緻密な計算をされてお取り付けされていたのだと思います。

このようなノーマルの車両にはそのまま取り付けられないホイール、
いわゆる「チューナーサイズ」というジャンルになりますが、一般的にパーツ買取業者は手が出しにくいホイールとなっています。
バッチリと適合するジャンルも分からず、価値自体も分からないためです。

しかし、クルパーツは違います。
チューナーサイズのホイールも長年に渡るネオクラシックカーの販売・買取の経験を活かして、積極的に買取させていただきます!
お気軽にお問い合わせくださいませ!

クルパーツは輸入車特化のパーツ買取サービス
20年以上に渡る輸入車の販売・買取の経験を活かして、専門店だから出来る高額査定を実施しています。 他社では分からない輸入車パーツの価値を、輸入車に精通したスタッフが親身に査定致します。
専門スタッフによる査定、買取依頼品送付時の送料は全て無料。まずはお気軽に無料査定フォームからご相談を。 無料査定を依頼する