[買取事例] バリ山 ユーロテック ベンツ Cクラス W205 225/45R18 18×7J+44 PCD112 ダンロップ WINTER MAXX WM01 スタッドレス 4本セット

お世話になっております。

クルパーツです。 本日の買取事例は、「バリ山 ユーロテック ベンツ Cクラス W205 225/45R18 18×7J+44 PCD112 ダンロップ WINTER MAXX WM01 スタッドレス 4本セット」のご紹介です。

現行 ベンツ Cクラス W205適合のバリ山 ユーロテック 18インチ ダンロップ WINTER MAXX WM01 スタッドレス 4本セットが入荷致しました。

夏も終わりに近づいて参りましたが、9月に入ると本格的にスタッドレスが動きはじめます。

クルパーツでは、今シーズンも在庫を豊富に取り揃えておりますが、購入されるお客様からの質問で困っていることが一つございます。

それは、輸入車特有のホイールボルトの問題です。

国産車の場合は、基本ナットで社外ホイールでしたらM12×P1.5とM12×P1.25が殆どですから、殆ど問題になりません。

勿論、社外ホイールに純正ナットを使ったりすればホイール脱落の可能性もございますが、トヨタ、三菱、ホンダ以外のメーカーは社外ホイールと併用も可能です。

しかし、輸入車のホイールボルトは国産車のようにはいきません。

単純に外から差す形になりますので、短ければホイールが脱落してしまいますし、長すぎるとハブの中身を壊してしまいます。

その他にもテーパー角を合わせる問題が有り、テーパーの種類が60度のノーマルテーパーと球面がございます。

これだけ聞くと、輸入車の中古ホイール&スタッドレスは怖くて買えないという話になってしまいますが、幸い社外ホイールのメーカーも殆どが純正ボルト対応で造っておりますので、質問の際のテーパー角の確認だけで、とくに大きな問題になったことはございません。

一番良いのはメーカーのホームページで確認を行うことですが、情報を公開しているメーカーが少ないのが現状です。

クルパーツが、今シーズン目指しているのは、お客様に確実な情報をお届けすることです。

そこで、是非お売りいただけるお客様に純正ボルトの対応可否についてお教えいただきたいと思っております。

その確認は非常に簡単で、タイヤショップ等で交換の際に、別にボルトを貰っていなければ、殆どのケースで純正ボルトを使用しております。

または、スタッフの方に確認していただくのが、一番良い方法だと思います。

このたかがホイールボルトの情報が、販売の際のお客様の大きな安心感に繋がります。

そして、安心感に繋がる情報は、そのまま査定アップ繋がります。

今シーズンのスタッドレスのキーワードは「ホイールボルト」で、是非とも宜しくお願い致します。

クルパーツは輸入車特化のパーツ買取サービス
20年以上に渡る輸入車の販売・買取の経験を活かして、専門店だから出来る高額査定を実施しています。 他社では分からない輸入車パーツの価値を、輸入車に精通したスタッフが親身に査定致します。
専門スタッフによる査定、買取依頼品送付時の送料は全て無料。まずはお気軽に無料査定フォームからご相談を。 無料査定を依頼する