[買取事例] 希少 マツダ ロードスター 3代目 NC系 NCEC 純正 ビルシュタイン サスペンション 1台分 スタビリンク付き 10000km使用

お世話になっております。

クルパーツです。

本日の買取事例は、「希少 マツダ ロードスター 3代目 NC系 NCEC 純正 ビルシュタイン サスペンション 1台分 スタビリンク付き 10000km使用」のご紹介です。

希少な3代目 ロードスター 純正のビルシュタイン製 サスペンション 1台分が入荷致しました。

今からおよそ13年前となる2005年に、3代目となるマツダ・ロードスター通称NCロードスターが発売されました。

この時期は、日本はバブル経済の終わりから経済的な転換期にあり、マツダもその例外ではありませんでした。

その為、マツダはロードスターに専用のプラットフォームを与えることが出来ませんでした。

新規プラットフォームと銘打ちながらも、実際には、そのベースを4シーターのロータリー・スポーツクーペであるRX-8と共用していたのです。

こうして出来上がったNCロードスターは、ひとことで言えば大きく、歴代のロードスター比べても、やはりその大きさを感じずにはいられません。

具体的には、NBロードスター比で全長+40mm、全幅+40mm、全高+10mm、ホイールベース+65mmという大型化となっております。

そして数字の上では僅かにも見えるその差は、立体的なスケールになると予想以上に印象の違いを感じます。

但し、マツダがユニークだったのは、その大型化したボディを最後までロードスターらしく熟成させたことです。

エンジンは、1.8リッターから2.0リッターへと上方移行し、タイヤサイズを16インチ、もしくは17インチへと拡大しながらも、たとえばBMWがZ3からZ4へ転じたようなプレミアム路線を簡単には選びませんでした。

なぜならロードスターには「人馬一体」という明確なポリシーがあったからです。

クルパーツでは、国産パーツの買取を強化しております。

また、サスペンションに関しては、在庫不足の状態が続いており、国産、外車問わず買取強化中でございます。

とくに、純正流用が可能なスポーツグレードや純正オプションのサスペンションは喜んで買取らせていただきます。

国産パーツに関しては、クルパーツが外車専門の為、他社より安いというイメージがあるかもしれませんが、基本的に査定の基準は変わりませんので、全くそのようなことはございません。

むしろ、国産旧車のパーツに関しては、絶対に負けない自信がございます。

国産パーツもクルパーツまで、お気軽にお問い合わせいただければ幸いです。

 

クルパーツは自動車パーツの専門店
20年以上に渡る輸入車の販売・買取の経験を活かして、専門店だから出来る高額査定を実施しています。 他社では分からない輸入車パーツの価値を、輸入車に精通したスタッフが親身に査定致します。
査定、送料は全て無料。HPからいつでもカンタン無料査定!まずはお気軽にご相談を。お急ぎの場合はフリーダイヤル0120-820-802までお電話ください。また、良質な中古パーツも販売しております! 無料査定を依頼する 中古パーツを買う