[買取事例] 新品 BLITZ ブリッツ ダンパー ZZ-R 車高調 BMW MINI F55 クーパーS 92330 ダイナミックダンパーコントロール付車用

お世話になっております。
クルパーツの小宮と申します。
本日の買取事例は、「新品 BLITZ ブリッツ ダンパー ZZ-R 車高調 BMW MINI F55 クーパーS 92330 ダイナミックダンパーコントロール付車用」のご紹介です。

D1でBLITZのワークスドライバーだった「のむけん」こと野村謙選手が、2018年のシーズンを持って選手を引退されました。
BLITZと野村謙選手の関係は、2000年前後まで遡ります。
D1 GRAND PRIXというドリフトの新競技が立ち上がり、その競技に参戦するためにBLITZがマシンメイクを行い、
そのドライバーとして車両に乗ったのが、BLITZと野村謙選手の関係のはじまりです。
当時のD1車両はストリートチューンに近いものが多く、FRの軽量スポーツが圧倒的に有利とされる中、
TEAM BLITZは大柄で重量級のER34 スカイラインセダンを選択致しました。
参戦当初は苦戦を強いられましたが、ドリフトにかける情熱で扱いにくい車両も自分のものとし、
4ドアならではの迫力のある角度と白煙を巻き上げるドリフトで、気付けばドライバー・車両・チームともにトップクラスの人気を誇るようになっていました。
それから15年以上、野村謙選手のD1にかける思いは最後まで変わることはありませんでした。
また、この15年間でドリフトに与えた影響は、計り知れないものがあります。
ドリフトはもともと、ドリフト=走り屋というイメージしかありませんでしたが、
各地のサーキットでスポーツ走行が出来るようになり、フィギュアスケートのような採点競技として、
しっかりと根付いていったのです。
最近では、グローバル化も進みましたが、スケートと同じでロシアの選手が強く、
やはり何かスケートに通ずるものあるのではないかと思ってしまいました。
しかし、野村謙選手の影響はドリフトだけではありません。
BLITZともにアフターパーツの市場を盛り上げてくれたのはもちろんのこと、
4ドアセダンの中古車市場や中古パーツ市場の活性化にも多大な貢献をしていただきました。
私は、ミニバンばかりの日本で、20代の若者が車高を落とした100のマーク2やR34のスカイラインに乗っているのを見ると、
若者の車離れと言われる日本も、まだまだ捨てたもんじゃないと思いますし、とてもうれしい気持ちになります。
クルパーツもBLITZ+野村謙選手の熱い想いに負けることなく、中古パーツ市場の活性化に努めていきたいと思います。

クルパーツは輸入車特化のパーツ買取サービス
20年以上に渡る輸入車の販売・買取の経験を活かして、専門店だから出来る高額査定を実施しています。 他社では分からない輸入車パーツの価値を、輸入車に精通したスタッフが親身に査定致します。
専門スタッフによる査定、買取依頼品送付時の送料は全て無料。まずはお気軽に無料査定フォームからご相談を。 無料査定を依頼する