[買取事例] ルノー カングー クルール 純正 スチールホイール 15インチ コンチネンタル タイヤ付き 4本セット

お世話になっております。
クルパーツの小宮と申します。
本日の買取事例は、「ルノー カングー クルール 純正 スチールホイール 15インチ コンチネンタル タイヤ付き 4本セット」のご紹介です。

 

 

 

愛車のカスタムはホイール選びから入るという方も多いのではないでしょうか?
近年はデザインに富んだアルミホイールが専門店を埋め尽くしていますが、鉄チンホイールだってまだまだ現役です。
アイデア次第ではとってもおしゃれなホイールにできるんです。
一般的にアルミは軽い、鉄(スチール)は重いなど言われますが、スチールホイールにメリットはあるのでしょうか?
ここで、鉄チンホイールのメリット・デメリットを簡単にご紹介させていただきます。
スチールホイールのメリットはアルミホイールに比べて圧倒的に価格が安いことです。
また強度があるので、パンクして走り続けても歪んだりせず、無事なことが多くあります。
アルミホイールでは、このような乱暴な使い方をすると、再利用は難しくなってしまいます。
また、スチールホイールは一般的に重いと言われていますが、
鋳造のアルミホイールとの比較ではほとんど差がないと言われています。
アルミの強度は鉄の半分以下と言われているので、同じ強度にするためには単純に同等以上の重さにする必要があるということです。
したがって、鋳造のアルミホイールを選ぶ理由はデザインが大部分を占めています。
また、ワイルドなデザインのSUVや旧車では、デザインが洗練されすぎているアルミホイールよりも、
スチールホイールの方が好まれる傾向があります。
デメリットは、錆びやすいことです。
当然鉄なのでアルミに比べて腐食の進行は早いです。
融雪剤が撒かれた道を走行した後はすぐに洗い流すなどの配慮が必要です。
しかし、ワイヤーブラシやサンドペーパーを利用すれば錆は簡単に落とせるので、
アルミの腐食に比べれば致命的なダメージにはなりません。
クルパーツでは、今回のルノーカングー以外でもクラシックミニ、アメリカンレーシングデイトナ、国産旧車、
200系ハイエース(新車外し)などの鉄チンホイールを高価で買取らせていただいております。
但し、鉄チンは保管状況が悪いとすぐに錆てしまいますので、思い立ったが吉日でご検討いただくことをお勧め致します。
鉄チンだからと言ってあきらめずに、先ずはクルパーツまでお問い合わせいただければと思います。

 

クルパーツは輸入車特化のパーツ買取サービス
20年以上に渡る輸入車の販売・買取の経験を活かして、専門店だから出来る高額査定を実施しています。 他社では分からない輸入車パーツの価値を、輸入車に精通したスタッフが親身に査定致します。
専門スタッフによる査定、買取依頼品送付時の送料は全て無料。まずはお気軽に無料査定フォームからご相談を。 無料査定を依頼する