[買取事例] 当時物 希少 ホンダ 1300 純正 センターキャップ 4個セット レッド&当時物 希少 ホンダ 1300 純正 エンブレム 10点セット&当時物 希少 ホンダ 1300 クーペ 純正 ステアリングパッド

お世話になっております。
クルパーツの小宮と申します。
本日の買取事例は、「[買取事例] 当時物 希少 ホンダ 1300 純正 センターキャップ 4個セット レッド&当時物 希少 ホンダ 1300 純正 エンブレム 10点セット&当時物 希少 ホンダ 1300 クーペ 純正 ステアリングパッド」のご紹介です。

ホンダ1300というクルマをご存知でしょうか?
2輪から4輪車製造に踏み出し始めたホンダが、ファミリーカーとして開発したのがホンダ1300ですが、
現在では迷車や失敗作などと揶揄されています。これは、どうしてなのでしょうか?
また、1300は、本当にホンダにとって失敗作だったのでしょうか?
ホンダ 1300は、ホンダが1969年から1972年まで生産・販売していた小型乗用車です。
初の本格的小型車として開発されたホンダ1300の特徴と言えば、やはり高性能空冷エンジンを搭載したことです。
時代が空冷から水冷エンジンへと推移していく中、本田宗一郎は断固として空冷エンジンにこだわったといいます。
フロントに横置きされたオールアルミ製1.3Lリッター直列4気筒エンジンは、100psと115ps仕様の2タイプが用意され、100psは77シリーズ、115psモデルは99シリーズとされました。
このエンジン出力は、当時では世界的にもかなりハイスペックなものでした。
ホンダ1300は、当初セダンを発表し、その後クーペも追加され小型車ながら走りにもこだわったモデルとして世に登場しましたが、その売れ行きは絶不調と言わざるを得ない状況でした。
そして、当時としては非常に高性能であったのにも関わらず、世に受け入れられなかったのです。
その理由は、ハイスペックであることと空冷式エンジンを両立することが非常に難しかったことが挙げられます。
1300に搭載されたエンジンは、かなりの高出力・高回転型のため、発熱量が非常に大きいです。
発熱量が多いと、どれだけ冷却を工夫しようともオーバーヒートの危険性は避けては通れません。
渋滞時など、なかなか車が進まない時などはユーザーにとってかなりのストレスとなっていたことと思います。
そのためマイナーチェンジでは、最高出力を落とすデチューンが施されました。
その後、ホンダは水冷エンジンへの道を進んでいくことになり、本田宗一郎氏がこだわり続けたハイスペック空冷エンジンへの夢は途絶えます。
そのため、1300は「ホンダの失敗作」と呼ばれていたのです。
しかし、1300の存在は本当に失敗だったのでしょうか?
結果はともなわなかったにせよ、水冷へと時代が進む中、空冷エンジンにこだわり信念を貫いたこと自体は、非常に前向きで挑戦的な姿勢だったと思います。
「チャレンジして失敗を怖れるよりも、なにもしないことを怖れろ」
そんな本田宗一郎氏のモノづくりの姿勢を体現した1300は、意味のある失敗作であったと私は思っています。

 

クルパーツは輸入車特化のパーツ買取サービス
20年以上に渡る輸入車の販売・買取の経験を活かして、専門店だから出来る高額査定を実施しています。 他社では分からない輸入車パーツの価値を、輸入車に精通したスタッフが親身に査定致します。
専門スタッフによる査定、買取依頼品送付時の送料は全て無料。まずはお気軽に無料査定フォームからご相談を。 無料査定を依頼する