[買取事例] MAZDA マツダ NC ロードスター など RAYS レイズ VR CE28N 17インチ 215/45R17 17×7.5J+55 PCD114.3 ブリヂストン POTENZA RE-71R 4本

お世話になっております。
クルパーツの小宮と申します。
本日の買取事例は、「MAZDA マツダ NC ロードスター など RAYS レイズ VR CE28N 17インチ 215/45R17 17×7.5J+55 PCD114.3 ブリヂストン POTENZA RE-71R 4本」のご紹介です。

すべてのモデルで軽量を謳うボルクレーシングの中で、CE28Nはもっとも軽量なホイールです。
5ホールには10スポーク、4ホールには8スポークと基本デザインを描き分け、スポークの延長線上にナットホールを設けるなど軽量化のためにできる限りの工夫が施されております。
また、リム深度を引き立てるリバースリムの採用も、あくまで卓越した軽さに貢献するためのアイデアのひとつなのです。
長年の歴史のなかでたゆまぬ改良を施し、CE28Nはライトウェイトホイールのスタンダードであり続けるのです。
さて、そのリム深度を引き立てるリバースリムって、一体どのようなものなのでしょうか?
ホイールでタイヤを組み込み保持するリムは、ディスク部とともにホイールを構成する重要な部分になります。
そのリムには「ノーマルリム」と「リバースリム」の2タイプがございます。
ホイールを横から見たときに、タイヤを組み込むときにタイヤのエッヂを落とし込む「ドロップ」と呼ばれる凹みが表側(ディスク面)寄りにあるのがノーマルリムで、裏側寄りにあるのが今どきのホイールチョイスではトレンドになっている「リバースリム」となります。
リバースリムの大きな特徴として、先述した凹みが内側になるのでディープリムデザインが可能となります。
また、ディスク面のデザイン性を高められることも功を奏して、ノーマルリムを採用した同サイズのホイールよりも見た目に大きく感じる迫力を生み出すことが出来るのです。
CE28Nの人気の秘密は、こんなところにもあったんですね。
私もこの投稿を書いていて、非常に勉強になりました。
クルパーツでは、CE28Nなどのレイズ鍛造・軽量ホイールの買取を強化しております。
今回は、国産用でしたが、国産・外車問わず、高価買取が可能でございます。
実は、レイズの鍛造・軽量ホイールを高価買取出来る理由は、相場が高いからではありません。
もちろん、相場が安いということはありませんが、とにかく確実にすぐ売れるのです。
クルパーツがとくに力を入れているのは、レイズの鍛造・軽量ホイールの中でもCE28N、TE37、RE30の3モデルでございます。
この3モデルは、どうしても国産車向けが多くなってしまいますが、国産経験が豊富な私小宮がご満足いただける査定金額で買取らせていただきます。

クルパーツは自動車パーツの専門店
長年に渡るネオクラシックカーの販売・買取の経験を活かして、専門店だから出来る高額査定を実現しています。 他社では分からないパーツの価値を、弊社スタッフが親身に査定いたします。
査定、送料は全て無料。HP、LINEからいつでもカンタン無料査定!まずはお気軽にご相談を。お急ぎの場合はフリーダイヤル0120-820-802までお電話ください。また、良質な中古パーツも販売しております! 無料査定を依頼する 中古パーツを買う