[買取事例] VW ゴルフ7 プラグアンドプレイ サウンドシステム 000 051 419A(純正オプション品) サブウーファー 配線付属 ディーラー取外し

お世話になっております。
クルパーツの買取スタッフです。
本日の買取事例は、「VW ゴルフ7 プラグアンドプレイ サウンドシステム 000 051 419A(純正オプション品) サブウーファー 配線付属 ディーラー取外し」のご紹介です。


大変希少なVW ゴルフ7 純正オプション品のプラグアンドプレイ サウンドシステム サブウーファー 配線付属が入荷いたしました。今回のお品物は、HELIXブランドの純正オプション品となりますが、造りの良さからも製造もとであるAUDIOTEC FISCHER社の拘りを感じる逸品です。AUDIOTEC FISCHER社と言えば、1990年設立のドイツの名門オーディオメーカーですが、HELIXブランド以外にもBRAXブランドを展開しており、そのBRAXでカーオーディオを仕上げると100万円オーバーは当たり前と言われています。

その拘りの一例をご紹介させていただくと、HELIXブランド(純正オプション品)のサブウーファーは、今回のようなBOX型とスペアタイヤのスペースに納める丸型が選択出来ますが、どちらも完全に独立した造りとなっており、純正オプションらしい上品な低音を奏でてくれます。それに対して、国産車などの純正オプションで使われている一般的なサブウーファーは、スペアタイヤ部分に納めるところまでは同じですが、トランクフロア下をBOX代わりに利用しておりますので、サブウーファーが付いていることを意識しないと、低音が出ていることに気付かないという声を良く聞きます。本来、トランクフロア下は音を出す目的で造られておりませんので、当然のことかもしれません。また、HELIXブランド(純正オプション品)のサブウーファーは、大きさも1.5倍くらい違いますので、一般的なサブウーファーとは根本的に造りが異なります。

今回は、最初のお申込みの際に接続コードが欠品しており、お客様にご理解をいただいた上で、再度ディーラーにお持込みいただきました。どの商品にも言えることですが、欠品部品が無いことは、買取において非常に大切なポイントです。

音楽配信が世界中で広がりをみせておりますが、驚くことに国内のアルバム販売におけるCDの割合は85%と言われています。やはり、音質やパッケージングに拘れば、CDが一番なのかもしれません。そして、カーオーディオを少しグレードアップするだけで、運転の楽しさは全く別物になります。最近は、メーカー主催のイベントが各地で行われておりますが、クルパーツも様々な角度から車の魅力を伝えていきます。

クルパーツは自動車パーツの専門店
長年に渡るネオクラシックカーの販売・買取の経験を活かして、専門店だから出来る高額査定を実現しています。 他社では分からないパーツの価値を、弊社スタッフが親身に査定いたします。
査定、送料は全て無料。HP、LINEからいつでもカンタン無料査定!まずはお気軽にご相談を。お急ぎの場合はフリーダイヤル0120-820-802までお電話ください。また、良質な中古パーツも販売しております! 無料査定を依頼する 中古パーツを買う