アシャンティ(ASHANTI)アルミホイールの買取査定

クルパーツがアシャンティ(ASHANTI)アルミホイール買取に強い理由

REASON

  • 01
    イラスト

    長年に渡るネオクラシックカーの販売・買取の経験を活かして、専門店だから出来る高額査定を実現しています。他社では分からないパーツの価値を、弊社スタッフが親身に査定いたします。他社に負けない高額査定に自信があります。

  • 02
    イラスト

    査定無料、送料無料でお客様に負担していただく費用はございません!配送会社がご自宅まで伺いますので、家にいながらお手間をかけずお取引がカンタンです。※須坂市の倉庫へお持ち込みでの来店査定も可能

  • 03
    イラスト

    多くのお客様に信頼いただき、おかげさまで月間買取品数500品突破!アルミホイール・タイヤだけでなく、あらゆるカーパーツに対応可能!特種なパーツ、旧車の部品などもしっかり評価できます。

無料査定を依頼する

アシャンティ(ASHANTI)アルミホイール買取Q&A

全国どこでもアシャンティ(ASHANTI)アルミホイールの買取可能ですか?
全国、北は北海道から南は沖縄まで全国対応しております。
故障(キズがある)しているアシャンティ(ASHANTI)アルミホイールですが、買取可能ですか?
はい!もちろん可能です!自社で修理、修復したり、部品取りとして再利用させていただきます。
年式の古いアシャンティ(ASHANTI)アルミホイールでも査定できますか?
もちろん可能です!弊社では旧車も得意としている関係もあり、古いものでも買取できます。
アシャンティ(ASHANTI)アルミホイールの査定額はどのようにして決めるのですか?
まず、スマホ撮影などの写真を送っていただき、査定および概算価格を算出いたします。弊社到着後、検品し、正式価格を決定します(事前になるべくヒアリングし差異の出ないように努めています)。
アシャンティ(ASHANTI)アルミホイールを引き取りに来てもらうことは可能なのですか?
もちろん可能です。弊社より配送業者を手配いたします。
無料査定を依頼する

アシャンティ(ASHANTI)アルミホイールの買取査定

クルパーツでは、アシャンティ(ASHANTI)アルミホイールの買取査定の高価買取を強化中でございます!アメリカ鍛造ホイール(アメ鍛)の代表と言っても過言ではないアシャンティは、日本国内でも広く知れ渡っており、そのブランド力は姉妹ブランドであるレクサーニ(LEXANI)と並んで非常に高い人気を誇っています。基本的にはエスカレードやハマー、ナビゲーターなど、国産車においてもハリアー、ランクルなど高級SUVへのインストールが多くなっています。サイズにおいても20インチ以上は当たり前、20~30インチまで、かなり大口径のホイールが主流となっており、大きなボディサイズの車両に取り付けても、十二分に存在感を示すデザインとなっています。そんな大口径のホイールが多いアシャンティ。

取り外して保管しておくだけでも一苦労。スペースの確保も至難の技でございます。更に、このようなメッキのホイールは、取り外して保管しておくと、どんどんメッキの腐食が進行し、久々にガレージまで行ってホイールを見たら、メッキは腐食して浮きはじめ、ボロボロになっていた。なんてことも珍しくないのです。つまり、保管をしていて良いことは何一つないのです!もしこの記事をお読みになって、「ハッ」と気づいた方は、是非一度、クルパーツへお問い合わせくださいませ!

アシャンティ(ASHANTI)アルミホイールの高価買取のポイント

クルパーツでは、24~26インチのアメ車用カスタムホイールの買取も行っております。アメリカには、数多くのカスタムホイールメーカーが存在しておりますが、その代表ともいえるメーカーが、ASANTI(アシャンティ)です。母体は、Lexani(レグザーニ)社となりますが、レグザーニが1ピースキャストホイール対して、アシャンティは3ピースフォージドホイールです。また、フルオーダーでの注文が可能なのもアシャンティを選択するメリットのひとつです。高価買取のポイントとしては、インチ、PCD、リム幅などのスペックとお取り付けされていたお車の情報となりますが、アシャンティのオフセットは、ホイールに正確な刻印がありませんので、お車にどのような形で取付されていたかをお教えください。実は、アメ車のホイールのスペックは、統一感がなく実に複雑です。

なかには、GM系のモデルで、PCD139.7の6穴ホイールが共通で使えるエスカレード・タホ・ユーコン・サバーバンなどもありますが、それはごく稀なケースと言えます。通常は、あまり聞きなれないスペックで、その車の専用ホイールとなってしまうケースがほとんどです。しかし、クルパーツには、アメ車の豊富なノウハウがありますので、それがマイナスポイントになることはありません。更に、大口径ホイール用の梱包キットもご用意しておりますので、手続きも非常に簡単です。

パーツ買取の流れ

FLOW

  • 01
    査定申込み、写真の送付

    査定申込み、
    写真の送付

  • 02
    査定、概算価格出し

    査定、概算価格出し

  • 03
    本人確認後、品物の集荷

    本人確認後、
    品物の集荷

  • 04
    正式買取額の提示、お支払い

    正式買取額の提示、
    お支払い